2008/10/23

[Dance-Xツアー] 青山円形劇場,本番9日目,打ち上げ

ようやくツアー最終日。本日も20時ころに劇場入りして準備。なんとここでトラブル。MIDIコントローラのアサインが飛んでしまって,フェーダーやトリガーのセッティングがうまくできない。一からやり直す時間は無かったので,この日はコントローラを使わず,PCのGUIを使って操作する。油断していると何かが起きるなあ。前日ほどフレキシブルな演奏はできず,無難に最終日を終える。

IMG_3206.JPG


終演後は打ち上げ。日本に戻ってからは,他のチームの人とあまり触れ合えなかったので楽しい。なんとボヤンも大学で物理をやっていたことが判明。奇遇だ。しかしチームでツアーするというのは実に面白い経験だった。またみんなとどこかで出会えたら楽しいな。

そのためには,もっと日本や海外でプレゼンスをあげなくては。自分の動きに対する音楽的なコンセプトには絶対の自信を持っていますが,それがうまく来場者に伝わっているかどうか。もっとコンセプチャルに,分かりやすく,考え方を提示する必要があるのかもしれない。

IMG_3216.JPG
posted by shipbuilding at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tour | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/10/22

[Dance-Xツアー] 青山円形劇場,本番8日目

出番の直前,20時ころに劇場入り。本日はその場で音楽を大分変えてみた。終演後は日本チームで中華料理。

IMG_3183.JPG
posted by shipbuilding at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tour | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/10/21

[Dance-Xツアー] 青山円形劇場,ゲネ,本番7日目

劇場入り。円形劇場は2度目なので不安もなく,テクリハ,ゲネをこなす。本番は全体的によい出来だったような。ただ一カ所,暗くて鍵盤がよく見えず,音を間違えてしまった。恥ずかしい。旅のつかれがどっと出てきたようで,本日は本番終了後はまっすぐ帰る。

IMG_3177.JPG
posted by shipbuilding at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tour | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/10/19

[Dance-Xツアー] 韓国仁川空港から成田空港へ

早朝にバスが迎えにきて空港に移動。日本チームはNorth Westで成田に戻りますが,私は別日程で移動したためAsianaで帰る。みんなを見送るために離れた場所にあるターミナルに行きましたが,なんと元いたターミナルに戻れないことに気づく。空港の係員の人に付き添ってもらい,裏口からターミナルに戻る。

あっという間に成田に到着して,やっと家に戻る。彩子やみなとは2週間振りの家なので,ほっとしている様子。残りは青山円形劇場の3本のみ!

IMG_3114.JPG
posted by shipbuilding at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tour | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/10/18

[Dance-Xツアー] 韓国ソウルLIG ART HALL,本番6日目

本日は韓国最終日。韓国に訪れたのは二度目であることからか,あまり外を出歩こうという気にならない。日本と変わらないし,買い物も大差ない感じ。Simon & GarfunklのHomeward boundに「どの町も同じように見える。映画館に工場に…」というフレーズがありますが,まさにそんな感じがする。

IMG_0089.JPG


その代わりに,ツアーで一緒になっている他のチームのメンバーと次第に打ち解けて,それぞれのキャラが分かってくる点が面白い。照明のダビットは,日本チームの女子にちょっかいばかり出していますが,邪見にされて,どんどん自虐的になっている。仕事はできるのだが,木刀を振り回したりおかしなことばかりしている。付き合いが長いはずのメラニーとジャックも,なんだか距離を置いてつきあっているような…。

さらには繰り返し見ることによって各チームの作品に変化が見えるのも楽しい。韓国チームの作品もカナダ・チームの作品も少しずつ変化を見せていて,最初に見た時には得られなかった,より踏み込んだ解釈で作品を見られるようになった。これもモントリオール,ソウル,東京と3組のパッケージでツアーしているよさでしょう。

最終日の本番も問題なく終了。恒例となった扉のバラシと梱包作業を進めて打ち上げ。焼き肉をたらふく食べる。

IMG_0091.JPG
posted by shipbuilding at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tour | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/10/17

[Dance-Xツアー] 成田空港=韓国ソウル仁川空港,本番5日目

日本での仕事を終えて,前日の最終便で韓国入り。2時間の移動時間なので,国内の移動と同じ感覚。機内でプログラミングの勉強していたら,仁川空港に着いていた。ホテルはソウルの江南地区にあり場所が全くわからない。空港からはタクシーの移動。料金は10万ウォンと聞いてビビる。ただ韓国ウォンは暴落していて日本円で6500円程度なので妥当なところか?

韓国でもみんな元気だった様子。特にパン食が多かったモントリオールと比べて,食べ物が美味しいとのこと。11時ころに劇場入りして,サウンドチェックや映像機材を調べる。舞台となるLIG ART HALLはまだ新しい劇場で設備も素晴らしい。デジタルの卓にリモコンでレンズカバーを開閉できるプロジェクターなど問題なし。

IMG_3104.JPG


本番はお客も入って作品を映像入りで本来の形で上演できて満足。終演後はカナダ・チームの人たちとチキンを食べる。MILLAが前日もチキンだったと不満気で,私もちょっと物足りなかったので,続けて焼き肉を食べにいく。うろうろしていたら偶然,小野さんやステファンなどに会ってしまった。最終的に小野さんも合流して焼き肉。

IMG_3100.JPG
posted by shipbuilding at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tour | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/10/14

[Dance-Xツアー] モントリオール=シカゴ=成田

朝の5時にホテルに迎えが来て移動。モントリオールからシカゴ経由で韓国に向かう。私は日本で外せない仕事が入ってしまったため,みんなと一時的に離れて日本に残る。疲れもたまったていたのか,飛行機の中ではほとんど睡眠。ほぼ24時間かけて日本に帰ってきた。家に戻っても,次の日の講演資料作成と原稿執筆でほぼ眠れず。
IMG_3091.JPG

IMG_3096.JPG
posted by shipbuilding at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tour | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/10/12

[Dance-Xツアー] モントリオールJean-Talonマーケット,本番4日目,打ち上げ

モントリオールの最終日。午前中は地下鉄に乗ってJean-Talonマーケットに出かける。巨大な青果市場で野菜や果物がとても安い。明日モントリオールを離れてしまうので,買って帰れないのが残念。

IMG_3059.JPG


IMG_3058.JPG


中心部に戻ってクレープ屋で昼食。と思いきや,なかなかクレープが出てこない。そうこうしているうちに劇場の入り時間になってしまったので,テイクアウトして劇場で食べる。

さて本番中は彩子も私も舞台に係っきりになってしまうため,みなとはベビーシッターに預けています。ミミさんという女性の方で,現在大学生。ダンスを勉強していて,日本語も片言ながらできます。初日,二日目は大泣きしたみなとですが,大分慣れてきた様子で,本日はほとんど泣きませんでした。

本番も無事終了して,レストランで全体打ち上げ。帰り際,青山劇場の小野さんに驚愕の事実を知らされ,彩子もあきちゃんも目が点になる。一体,真実はどうなんでしょうか??
posted by shipbuilding at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tour | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/10/11

[Dance-Xツアー]モントリオールMont-Royal公園,本番三日目

本日も本番前にモントリオール市街を散歩。St-Denis通りを歩き,小高い丘になっているMont-Royal公園を散策。St-Denis通りは,小さな店舗が通り沿いを連ねてさながら吉祥寺のように見えます。Mont-Royal公園は,モントリオールの地名の元にもなった広大な公園。ちょうど紅葉がきれいな色を見せていて,気持ちよかった。みなとはうれしいのか,一人でどんどん丘を上っていってしまう。近くのスーパーで食事を買って食べていたら,リスが寄ってきて食べ物をねだる。リスの印象が変わった。

IMG_3028.JPG


IMG_3014.JPG

公園の横にはMacGill大学があります。英国系の由緒ある大学だそうで,後で調べたら出身者には,あのGino Vannelliの名前もありました。プログレとジャズ,AORが合体したような彼の音楽性はなるほど,移民たちの多様な文化をそのまま飲み込んだモントリオールの一面を表しているのかもしれない。

夕方ころに劇場入り。彩子はトロント在住の日本人の記者からインタビューを受ける。この日の本番はトラブルもなく,作品として良くなっている印象。照明のダビットやボヤンには,昨日のアーティスト・トークでしゃべったことをネタにされてしまった。
posted by shipbuilding at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tour | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/10/10

[Dance-Xツアー]モントリオール、フラー作のBiosphereへ,本番二日目

初日が終わりようやく余裕が出てきたので,本日はモントリオール市街を散策しました。まずはモントリオールで最も行きたかったBiosphereです。バックミンスター・フラーが1967年のモントリオール万博のために作ったジオデジック・ドームの代表作で,モントリオール中心部から離れた島の中にあります。地下鉄を使えば中心部から10分ほどで着きます。

IMG_2926.JPG


さすがに実物を見たときは,その存在感に感動しました。思わず動画も撮ってしまいました。構造上,大きな支柱があるわけではなく全体の構造で支え合っているわけですが,その思想に共感します。なお写真で見ていた時はドームに透明な外壁があると思い込んでいたのですが,実物は支柱だけでした。なんでも,もとはアクリル・ドームが貼ってあったのが,改修作業中に火事で焼失してしまったとのこと。




建物の中は環境をテーマにしたミュージアムになっていました。ただ見るべきものは少なくあまり面白くありませんでした。Biosphereのある島全体も人がまばらで,モントリオールの人にとっては,過ぎ去ったテーマ・パークなのかもしれません。

IMG_2937.JPG


さて二日目の本番ですが,なんとトラブルが発生しました。本番中にApogeeのインタフェースから音が出なくなったのです。原因は何らかの理由で設定ソフトにミュートがかかってしまったのですが,突然のことで大変焦りました。なんとかバックアップを走らせつつ開始10分で復旧しましたが,あと30秒でも遅れていたら,作品の進行上,深刻なトラブルになっていたでしょう。慣れないインタフェースでの作業とセットアップ時間の短さが招いたトラブルと言えます。こちらの舞台スタッフはあまり協力的ではないので,結局自分で工夫してリスクを減らすしかないのですが,ちょっとストレスがたまります。

本日は閉演後にアーティスト・トークを開催しました。私も呼び出されて少しだけ話をしました。作品のことを細かく言葉で説明するのは好きではないのと,英語のプレゼン力も無いので,シンプルで適当にはぐらかす受け答えをしましたが,それはそれで受けた模様。アーティスト・トークもエンタテインメントなので,よかったのではないでしょうか。
posted by shipbuilding at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tour | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/10/09

[Dance-Xツアー]在モントリオール日本総領事と昼食,本番初日

本日昼は在モントリオール日本国総領事の西岡さんの自宅に招かれて,セレブなランチを御ちそうになりました。アーティストとしての招待は光栄ですね。フランス料理のコースでかなり美味しかった。ご自宅はモントリオールの山の手にあり,別世界の暮らしぶりです。西岡さんはかなり音楽好きのようで,同じ部屋にケント・ナガノ氏やダン・ダイソン氏も訪れたとのこと。定期的にルーム・コンサートも開催しているそうです。

IMG_2894.JPG


夜の本番ですが大きなトラブルも無く,まあまあの出来だったのではないでしょうか。韓国チームのボヤンさんが「とてもいい音楽だ」と言ってくれました。続けての「ところで,ピアノのサンプルは何を使っているの?いい音だね」という質問に,ちょっと可笑しくなりました。私は舞台にコンピュータを使っているものの,それ自体に意味を持たせようとは思いません。ピアノの音は自宅の生ピアノを録音したものです。生楽器でもコンピュータでも,適切なタイミングで選択した音を出すことにこそに意味があるので,どんな機材を使おうが関係ありません。

IMG_2904.JPG
posted by shipbuilding at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tour | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/10/08

[Dance-Xツアー] モントリオールゲネ,今津くんの家へ

本日は劇場でゲネです。韓国,日本,カナダという順番で進行しました。私は,オーディオ・インタフェースとしてM-AudioのFirewire 410を持ち込んだのですが,この機種はホットプラグに対応していないのでセットアップに時間がかかります。結局,転換時にセットアップ用の時間をほとんどもらえないので,私の前の出番である韓国チームの音楽担当のボヤンさんに,ApogeeのFirewireインタフェース「Duet」を貸してもらうことになりました。これはホットプラグに対応しているのでセットアップ時間を短縮できます。安定性も高く気に入ったので,日本に戻ったら購入しようと思っています。ちなみに私は10年前から舞台にコンピュータを持ち込んでいますが,今回のように3チームすべてがコンピュータから音を出すケースは初めてです。時代の移り変わりを感じています。

IMG_2876.JPG


さて肝心のダンス作品ですが,カナダ・チームのメラニーさんの作品にひかれました。何度も再演しているだけあって完成度が高いです。途中,共演者で音楽も作っているジャックさんのソロがありますが,この人,左足が義足です。その義足を取って,自在に体を使って,説得力のある動きを見せます。身体の欠損は人にはっとする感覚を与えますが,だからこそ改めて動きそのものに注目させるのかもしれません。

ゲネ終了後は,モントリオール在住のダンサーで,日本ではneoやコンドルズで活躍していた今津くんの家でみんなで食事。なんと劇場から5分くらいの距離に今津くんの家はあります。日本でもいろいろお世話になりましたが,偶然とはいえ,ツアー先でこんな出会いをするなんて不思議なものです。

IMG_2880.JPG
posted by shipbuilding at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tour | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[Dance-Xツアー] モントリオールテクリハ

モントリオールに無事着いて,劇場に早速入っています。現在,Tangenteという劇場にてTech Rehersalの真っ最中です。劇場のコントロール・ブースにて無線LANの電波が入るので,待ち時間に投稿しています。Tangenteは青山円形劇場よりも一回り小サイズです。いろいろトラブルがありますが,なんとかうまく行きそう。英語とフランス語と日本語が飛び交っています。

IMG_0060.JPG


IMG_0059.JPG
posted by shipbuilding at 06:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tour | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/10/05

[Dance-Xツアー] 出発

これからシカゴ経由でモントリオールに出発です。

shipbuilding-2008-10-05T16_20_44-1.jpg
posted by shipbuilding at 16:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tour | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。